サーバー

誤って削除したamavisdを再インストール メールが送受信できない!!

centos64bit環境でamavisd-newでamavisd+spamassassinnを再インストールしたけど、メールが送受信できなくなってしまった。試にpostfixのmain.cfに設定したcontent_filter=smtp-amavis:[127.0.0.1]:10024をコメントアウトすると送受信が可能となる。最初はamavisdが起動していないのかと思いstatusを確認したが起動はしているようだ、ふと10024がLISTENされているかを確認してみるとLISTENしてないが10025はLISTENしている。どうやらamavisdが正常に起動していないようなので、それからは再インストールと再設定の繰り返しで数日悶々としてしまった。最後にもともとインストールされていてremoveした後も残っているファイルがいたずらしているんだなと見当をつけfindで当たったamavisdやspamassassinと名のつくディレクトリ・ファイルをすべて削除。念のためyum clean allしてから再インストールしたら無事10024と10025をLISTENするようになりメールの送受信が可能となって一段落、これも備忘録ってやつだね。

ネットワーク型IDS(不正アクセス検知システム) snortをインストール

インストールするに当たり、例によりいろいろ躓いたので備忘録。

snortのインストールは、こちらのサイト様http://centossrv.com/を参考(というより頼り切り)にさせていただきました。

躓づき

その1:RPMパッケージのbuildがerrでstop:OSが64bitだったためでbuild前にMYSQLL_LIB_DIR=・・・などと環境を設定することでクリア。

その2:作成したRPMパッケージをインストールしようとするとerrでstop:64bitではbuildされたrpmパッケージの格納ディレクトリが違っていた。

続きを読む ネットワーク型IDS(不正アクセス検知システム) snortをインストール