市川市大町自然観察園でコオニヤンマ

さて、本日も大町自然公園に行ってきました、日差しはきついんですが風がなんとなく秋っぽくカラっとした暑さです。観察できたのはオナジミのメンバーだけど、ちょっとしたサプライズでコオニヤンマをコチラでは5年ぶり(たしか2007に先輩が♀を撮影してます)に撮ることができました。

久々に近場の公園に行ってきました。

久しぶりにトンボ観察に出かけました、天気もいいのでいろいろなトンボを見ることができました。この公園でもアオヤンマは定番になってきたようです、コシアキトンボを撮っていたところ運良く近くに止まってくれました。

シオカラトンボ、雄と同色の雌。

割と珍しい雄と同色の雌が見られました。自分では大変珍しいと思ったのですが後から詳しい方に聞いたところ、ままあることだと知らされました。ギンヤンマではオス型のメスはたまに見ていましたがシオカラトンボでは初めてでした。

ネアカヨシヤンマじゃん。

この日も大町自然観察園はオニヤンマとオオシオカラトンボの楽園だった。このヤンマはそんな暑い日の14:00ごろにやってきました、見た瞬間はヤブヤンマの♀だろうと思ったが、それにしては飛び方の感じが違い木の幹にぺたんと止まったりする。コンデジの液晶画面に捕らえてみてネアカヨシヤンマらしいと判断できました … “ネアカヨシヤンマじゃん。” の続きを読む

手乗りのギンヤンマ

接近して撮影していたら何を思ったのか手の上に乗ってきました、メスは盛んに手の甲に産卵しようとするのでチクンとこないか心配しました。感触としてはぬれた筆でさすられているようで、くすぐったいような感じがしました。ただメスがその気になればプスッとくるのかもしれませんが?

異種間抱接と教えていただきました

これがヒキガエルの抱接かはじめてみたと少し感動、だけど時間も時間だしなんかおかしいなと思いよく見ると、アッ下にいるのはウシガエルだ!後から異種間抱接というものだと教えてもらいました、多分ウシガエルはかなり参っているハズ。