アサイド

結局twentyfourteenか

新しいWordpressのテーマtwentyfifteenが出ているので正月ということで気分一新変更してみたものの、どうにもシンプルすぎるというかヘッダー部分にメニューがないテーマというのは素っ気ない感じでピンとこず、一度twentythirteenを経由して元の鞘であるtwentyfourteenに納まった。

車検上がりました。

今回の車検は正直迷いました、案の定とりあえず車検は上がったもののロアアームのブッシュがへたってるのでステアリングの遊びが大きくなっているなどの指摘がありました。ざっと8万かかるとのことで、ほかにもカムカバー付近よりオイル漏れもありetc・・・手を入れたらきりがなさそうなので今回はコノママということで。

WordPressカスタマイズ(続)

本日時間があったので更に少しずつ自分好みにカスタマイズを進めてみました。twentyfourteenではサイトのタイトルなどが大文字でしか表示できなかったので、WordPress3.8導入時に小文字で表示できるようカスタマイズしておきました、今日は記事の上に表示されている作成者などにも小文字が使えるようにcssの中の該当部分を全般的に変更してみました。更にメインコンテンツの幅が狭いと思えてしょうがなかったので今回変更してみました、自分的にはかなり気に入ったレイアウトに仕上がりました。

twentyfourteen

さて昨日早速WordPress3.8に更新したわけですが、テーマもtwentyfourteenに変えました、モダンでいい感じですねメニューが固定なのがいい。当分これで落ち着くかも、それでセキュリティー関係のアップデートも自動でやってくれるとか、難しいことは解らんとですが楽チンですね。

誤って削除したamavisdを再インストール メールが送受信できない!!

centos64bit環境でamavisd-newでamavisd+spamassassinnを再インストールしたけど、メールが送受信できなくなってしまった。試にpostfixのmain.cfに設定したcontent_filter=smtp-amavis:[127.0.0.1]:10024をコメントアウトすると送受信が可能となる。最初はamavisdが起動していないのかと思いstatusを確認したが起動はしているようだ、ふと10024がLISTENされているかを確認してみるとLISTENしてないが10025はLISTENしている。どうやらamavisdが正常に起動していないようなので、それからは再インストールと再設定の繰り返しで数日悶々としてしまった。最後にもともとインストールされていてremoveした後も残っているファイルがいたずらしているんだなと見当をつけfindで当たったamavisdやspamassassinと名のつくディレクトリ・ファイルをすべて削除。念のためyum clean allしてから再インストールしたら無事10024と10025をLISTENするようになりメールの送受信が可能となって一段落、これも備忘録ってやつだね。

ネットワーク型IDS(不正アクセス検知システム) snortをインストール

インストールするに当たり、例によりいろいろ躓いたので備忘録。

snortのインストールは、こちらのサイト様http://centossrv.com/を参考(というより頼り切り)にさせていただきました。

躓づき

その1:RPMパッケージのbuildがerrでstop:OSが64bitだったためでbuild前にMYSQLL_LIB_DIR=・・・などと環境を設定することでクリア。

その2:作成したRPMパッケージをインストールしようとするとerrでstop:64bitではbuildされたrpmパッケージの格納ディレクトリが違っていた。

続きを読む ネットワーク型IDS(不正アクセス検知システム) snortをインストール